ヤンコチ(羊肉の串焼き)食べ放題の店@弘大

前回”ヤンコチの美味しい店”を紹介しましたが、今回は”ヤンコチ食べ放題の店”です。

もともとはホンデのとある食べ放題の店によく通っていたのですが、その店は突如として潰れてしまい、ようやく探し出したのが今回紹介する店。

2013年から営業しているので、ある程度の実績はあるようですが、それでも気付いたら潰れているのが韓国の飲食業界というもの。

僕にできることは定期的に通いながら、一人でも多くの人に足を運んでもらい、あとは潰れないことをただただ祈ることだけです。

スポンサーリンク


ヤンコチ食べ放題の店「HI LAMB」。

「こんにちはラム」って意味だと思うんですけど、奇しくも前回紹介した店の名前は「ハローヤンコチ(こんにちはラムの串)」。

ヤンコチ屋は礼儀正しい人が経営する傾向にあるようです。

 

住所 서울특별시 마포구 잔다리로 11
電話番号 02-3141-2880
営業時間 17時〜3時

 

平日の18時頃でしょうか。

店内は徐々に混んでき始めてきたところで、食べている途中からはウェイティングができていました。

 

メニュー。

2時間15,800ウォン(約1,580円)で食べ放題。

食べ放題の店ですが、単品メニューを注文することもできます。

スペシャルヤンコッチがなんと12,000ウォン(約1,200円)。

良き部位はスペシャルへ、それなりのものは食べ放題に回されているということなのでしょう。

まあ15,800ウォンなので文句は言いません。

というか、ちょっと安すぎやしませんか?

どうか潰れませんように。

 

実はヤンコチ、中華料理みたいで、どこのヤンコチ屋も置いているビールは青島(チンタオ)かハルビン。

 

串は冷蔵庫の中にあり、自分で取りに行くシステムを採用。

一本残すごとに1,000ウォンの罰金がかかりますが、刻んで取りに行けば残すような心配はありません。

コプチャンのときとは違い、胃袋の限界の限界まで挑戦できるようになっています。

 

食べ放題のメニューには、羊肉はもちろん、牛肉、豚肉、鶏肉、海老、ウインナー、エリンギなどがあり、おすすめは羊肉と鶏肉と海老。

ほぼこの3つでお腹を満たしていきます。

 

焼き上がったら、お好みのスパイスに付けていただきます。

 

普段は空腹でお店に行き、2人で最低60本を目標に挑戦させてもらっています。

言っていること(潰れないでほしい)とやっていること(吐くちょい手前まで食べる)に大きな矛盾を抱えていることが最近一番の悩みですね。

 

店を出る頃には苦し過ぎて毎度後悔することになるんですけど、また来てしまう不思議、というかヤンコチの魅力。

食後は運動がてらヨムナンドンの公園を散歩するのが日課となっています。

 

この店は食べ放題なのにと言ったら失礼かもしれませんが、”普通に”美味しいと思います。

ただ、これまでいろんな食べ放題の店に行った経験がありますが、脂っこい肉や臭みのある肉を出す店もあるので、ヤンコチの食べ放題へ行く際には注意が必要です。

事前に調べてから行くと良いでしょう。

わからなかったら、とりあえずこの店に来ておけばそれなりのものが食べられるはずです。

仮にヤンコチが不味かったとしても、鶏肉と海老という2大柱が残されていますので、そちらでお腹を十分に満せるかと思います。

あ、お金のある方は食べ放題なんてケチな考えは捨てて、こちらの店に行ってみてください。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す