東大門のチーズタッカルビ屋にイケメンと怖い店員がいました

ショッピングの街、東大門。

日本から来る友達は一人残らず東大門で買い物をしていて、何度も東大門まで呼び出されてきた経験があります(深夜に招集されることも)。

そんな東大門で買い物前の腹ごしらえにぴったりなチーズタッカルビの店に行ってきました。

スポンサーリンク


紅春川(ホンチュンチョン)チーズタッカルビ東大門店。

 

住所 서울특별시 중구 장충단로13길 5
電話番号 02-3393-0293
営業時間 11時〜3時

東大門駅からも行けますが、東大門歴史文化公園駅の方が近いです。

東大門歴史文化公園駅の14番出口から徒歩数分の距離でした。

お店は2階に入口があり、3階にも席があります。

 

店内。

幸運なことに、お見せできないのが残念なくらいのイケメン二人組が隣のテーブルに座っていました。

韓国に来たことない人によくありがちなんですが、「韓国にはK-popアイドルみたいな人がゴロゴロいる」なんて夢のような妄想を抱いていたりするんですよね。

でも実際はそんなでもありません。

たしかにスタイル良い人は多いですが、嫉妬に狂うほどのイケメンにはあまり遭遇しません。

顔だけイケメンだったら渋谷の方が圧倒的に数は多いと思います(渋谷なんて嫉妬しに行くような場所ですからね)。

基本的にホンデや明洞にしか行かないんで、それで韓国を語るなって怒られそうですけど。

まあカンナムの方にはイケメンがたくさんいるみたいですよー。

 

で、何が言いたいかというと、イケメンが隣に座っていて嬉しかったということではなく(たしかに男女関係なく綺麗な人は好きですけど)、日本から来た友達にイケメンをお見せできて誇らしいという感情を抱いていた自分に驚いたということです。

韓国の良きところを勝手に伝えたがっている観光大使気取りの自分がいることには正直びっくりしました。

 

いつしかの記事で、韓国の店員の9割は超がつくほどの親切で、残り1割は怖いと言いましたが、ここの店員は1割の方でした。

ご機嫌斜めだったのかとても無愛想で、注文するのも怖かったです。

そんなときに限って、栓抜きがなかったり水のボトルに穴が空いていたりと、何度もお姉さんにお願いしなきゃならない負のスパイラル。

ビールをドンッて机の上に置いていったときは、ビクッとして背筋を正してしまうほどの脅威でした。

 

チーズタッカルビ(1人前12,000ウォン)。

この状態で持ってきてくれるので、あとは温めて食べるだけ。

 

すぐに食べてもOKとのことでしたが、律儀にチーズがとろけるのを待って食べ始める日本人3人と韓国人1人。

辛さは3段階から選べたので、1番辛くないものにしたのですが、友達は辛いと言っていました。

例によって辛ラーメンを基準にするなら、0.8辛ラーメンくらいでしょうか。

つまり辛ラーメンよりも少し辛くないレベルだったと思います。

2辛にしたら余裕で辛ラーメンを上回ってくるはずです。

 

最後はポックンパッ(焼き飯)にして食べました。

鉄板を洗わなくても次のお客さんの料理を作れるくらい綺麗に食べきりましたよ。

 

実はこれ、TOPIK試験の前日だったんですけど、たくさんビールを飲んでしまう意志の弱さ。

それでも朝まで勉強頑張ったので、そこんとこは評価してもらえたらなと思います。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す