海外旅行保険付きクレジットカードの裏ワザ

クレジットカードには90日間の海外旅行保険が付いていたりしますよね。

僕は韓国に行くときに必ずその保険に入っています。

しかし、今回の釜山旅行中に対馬に来てしまったことで適用されていた保険が無効になってしまい、どうしても対馬で再びクレジットカードを使わなければならない状況になってしまったのです。

スポンサーリンク


まず僕が使っている楽天カードでは日本出国前に自宅から出発空港までの交通費(電車、バス、タクシー)、または海外旅行代金(航空券や海外ツアー)を支払うことで保険が適用されるようになります。

それならフェリー代をクレジットカードで払えば済むじゃんって思われそうですが、残念ながらできなかったんですね。

それについては対馬へ出港したときの記事でも書きました。

 

 

格安フェリーに乗ったのですが、韓国の旅行会社で申し込んだために日本のクレジットカードが使えなかったのです。

これはもはや韓国あるあるとなりつつありますが、韓国のネット決済では日本のクレジットカードを使えないことが多々あります。

日本のというか世界のですね。

VISAとかMASTERとかみんなが一枚は持っているあの有名なブランドですら韓国で発行されたものでなければ決済することができません。

日本を見習ってガラパゴス化を目指してるんじゃないかってくらいに外国人にとっては不便極まりないです。

支払い方法に関して、カード社会である韓国は現金を好む日本よりもだいぶ先を行っているイメージがありましたが、変な方向に進んでいる可能性は否めません。

ちなみに2018年8月現在、自転車レンタル、高速バスアプリ、배달의민족という出前アプリなど僕がよく利用するものはことごとく日本のカードが使えない状況です。

そのおかげで、日本円を一度ウォンに変えなければならないので本当に迷惑を被っています。

 

対馬には港行きの電車もなければバスもありません。

そこでタクシーに乗るしかなかったのですが、果たして対馬にカード決済ができるタクシーはあるのか?

それは対馬へ行く前からの疑問でした。

もしタクシーがなかったら保険無しになってしまいますからね。

まあ怪我や病気であれば日本の健康保険も使えるみたいなんですが。

 

それで観光案内所に行ったときにカード払いできるタクシーがあるのか聞きました。

すると一社だけカード払いできるタクシー会社があるとのこと。

 

こちらが対馬で唯一クレジットカードで支払うことができるタクシー会社「ホテル対馬タクシー」。

 

なぜか先払いシステムを取り入れてましてタクシーに乗る前にホテルの受付でカード決済をしなければなりませんでした。

料金は540円。

厳原港まではタクシーで数分の距離ですからね。

まあそんな感じでなんとかクレジットカードの海外旅行保険に再加入することができたのでした。

 

今この記事を書くためにいろいろ調べていたら嬉しい発見がありました。

僕がよく使っている楽天カードは日本出国前にカードを利用しなければならないのですが、他に持っているクレジットカードでは海外の公共交通機関でカードを利用したときから90日間の保険が発動されるということ。

知っている方も多いかもしれませんがこの作戦を使えば最大で180日海外旅行保険に入れるわけです。

つまりわざわざ車で数分の距離をタクシーに乗らなくても、韓国の公共交通機関料金を別のカードで払えばよかったということになります。

この技を知らなかったことで無駄にお金を払ってしまいましたが、次に機会があれば試してみたいと思います。

そんな機会そうそうないでしょうけど。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

2件のコメント

  • たく

    誤:ちなみに2108年8月現在、→ 正:2018年

    • 田吾作 田吾作

      ご指摘ありがとうございます!
      100年後になっていましたね(^_^;)
      修正しておきました!!

コメントを残す