新沙駅(カロスキル)のオシャレなバー!

健全なイメージのあるカロスキルも、夜になると大人の街に変わります。

新沙のオシャレなバーに男2人で行ってきました。

スポンサーリンク


こちらは「Crazy Nom」というお店。

狂った奴って意味らしいです。

 

住所 서울특별시 강남구 강남대로156길 46
電話番号 010-9079-9537
営業時間 19時〜5時

新沙駅8番出口から徒歩5分。

カロスキルとか言いましたが、厳密には一本隣の道でしたね。

 

地下にある店内。

すごく広くて綺麗です。

 

厭らしいダーツあります。

 

時間帯によってはブラックジャックもできるみたいです。

 

運が良ければ生演奏も聞けたり。

僕は声が通らないんで、演奏していなくて良かったと思っていますけどね。

こんな間近でドラム叩かれたら僕の声は隣の席の友達にも届かなくなるんで。

 

ギネス(おそらく10,000ウォン前後)を飲みました。

友達はカクテル(13,000ウォン)です。

 

たくさんお酒飲んでいたらサービスでおつまみくれました。

 

実はここ最近の数記事は全部同じ日の話なんです。

つまり、この時点でかなり酔いが回っていて、これが一体なんだったのか記憶にございません。

パスタか何かでしょうか。

 

強そうなお酒もサービスで出してくれました。

 

しっかりと写真は撮っているんですけど、この瞬間の記憶がないという……。

まあこんなのは普通によくあることなんですけどね。

飲みに行った翌朝は、写真チェックして昨晩何があったのかを思い出すことから始めますから。

記憶喪失の人が何かをきっかけに記憶を取り戻すあれと似た仕組みだと思ってもらってかまいません。

記憶喪失の人と同じように、思い出せることもあれば、思い出せないこともあります。

この写真を見て思い出せたことはサービスで出してくれたということだけっていう……。

 

この日は相当飲みすぎて、友達と少し言い合いになりました。

今とってもホットな話題の「日韓関係」についてです……。

僕は基本的に韓国人とはそういう話はしないように心がけていますし、そういう話になっても韓国よりの意見を言うことで、雰囲気が悪くなることを回避しています。

しかしこの日は相当飲んでしまっていたため、いつものように良い子ちゃんでいることができず、相手側の主張を受け流すことができませんでした。

ある事象に対しお互い異なる教育を受けているので、言い合ったところでお互いが納得できるわけもないのに。

それでも彼はカナダ留学時代から知っている10年来の間柄。

日本に歩み寄った意見を少しは持っているんじゃないか、と淡い期待を抱いていただけに軽く傷つきました。

彼も僕に対して同じように思ったかもしれません。

それでも討論後には下ネタで大盛り上がりを見せるという、いかにも酔っぱらいらしい鉄板の流れになり、笑顔でお店を出ることができました。

「下ネタは世界を救う」なんて言われていますが、もしかするともしかするかもしれませんね。

 

店からはタクシーで帰りました。

僕は現金を全く持たない主義なのでカードのみで生活をしています。

でも心配性な性格でもあるんで普段はカードを2枚持つようにしているんです。

それがどういうわけか、この日だけは韓国の銀行カード1枚しかもっていなくて。

たぶん2,000円しないくらいだったと思うんですけど、それすらカードにお金が残っていなかったんですよ。

結局、家にクレジットカードを取りに行かせてもらってなんとかなったのですが、酔いも覚めてしまいそうな事件でしたね。

覚めそうで覚めませんでしたけど。

そのままベッドにぶっ倒れて、気付いたら朝(昼?)で、写真を見返しながら友達と言い合ったことを思い出し、とても恥ずかしくなりました。

酒は飲んでも飲まれるな、ですね……。

スポンサーリンク



コメントを残す