ホンデ・ハプチョンから徒歩圏内にあるプデチゲ専門店!

最近プデチゲにハマっています。

プデチゲとは日本語にすると”部隊鍋”という意味で、戦争で食料不足だった頃、在韓米軍から貰った食料をぶっこんで食べていた鍋なんだそうです。

今で言うところの闇鍋てきな発想で誕生した料理ではありますが、何十年と時を経て最高の韓国料理としての地位を確立しました。

そんなプデチゲを食べるべく、友達が大絶賛のお店に行ってきました。

スポンサーリンク


その名も「의정부 부대찌개」。

プデチゲの専門店です。

 

住所 서울 마포구 월드컵로10길 36
電話番号 02-333-6820
営業時間 11時〜15時、17時〜21時40分
休業日 日曜日

地下鉄6号線の望遠(マンウォン)駅1番出口から徒歩数分。

少し遠いですが、ホンデやハプチョンからも歩いて行ける距離にあります。

 

店内には座敷席とテーブル席少々。

 

専門店なだけあって、メニューはプデチゲ(1人前8,000ウォン)しかありません。

ハム、ソーセージ、ラーメン、お餅などのトップングは追加することができます。

 

 

テーブルにつくと、鍋が運ばれてきました。

蓋の下ではアジュンマが綺麗に盛り付けしたプデチゲがグツグツと煮込まれていきます。

 

アジュンマの盛り付けがこちら。

野菜の上にハムとソーセージ、そしてなんかの肉塊が規則的に美しく並べられています。

 

そして我々にその完成形を拝む隙さえ与えんばかりに、アジョシは蓋を開けると間髪入れずにかき混ぜだします。

写真撮影なんてノーチャンスでした。

それどころか、カメラを構えている僕をガン無視してかき混ぜ続けるもんだから、撮った写真はほとんどブレブレ。

アジョシはこだわりを持った職人さんなんだと思います。

 

5分くらいで完成。

プデチゲをかき混ぜた後、アジョシが丁寧によそってくれたご飯は、これ以上ないベストなタイミングで運ばれてきました。

おそらくここまで計算しての、蓋を開けて即グチャグチャだったのでしょう。写真なんて撮らせてたらとてもじゃないけど間に合わない。

 

ハムはスパムを使っているんですけど、感動するほど美味しかったです。

これまで様々な方法でスパムを食べてきましたが、ようやく世界で一番美味しいスパムの食べ方が、プデチゲに入れて食べることだと気付いた瞬間でした。

 

途中でラーメンを追加。

麺を入れる前の鍋は干からび気味だったんですが、アジョシが黙ってスープを追加してくれました。

無言で親切をしれっとやってのけちゃう辺りに職人らしさが伺えます。

 

あっという間に完食。

友達が通いつめているだけあって本当に美味しかったです。

お世辞抜きで、また来たいと思いました!

 

日本にある家族経営の飲食店って、旦那さんが料理をして奥さんが接客するイメージがありますが、韓国って旦那さんが接客するパターンをたまに見かけます。

ここは実質的に旦那さんが調理(グチャグチャに)もしていたので、何でもやってしまうマルチプレイヤーみたいなポジションなのかもしれませんが。

韓国人男性は何でも率先してやってくれますからね。

見習いたいところです。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す