プチフランス(カピョン )へ最寄り駅からのアクセス方法!

韓国ドラマのロケ地として有名なカピョンにある「プチフランス」。

いろんなドラマで見ていた場所で、いつかは訪れてみたいと思っていたのですが、今回その夢を叶えることができました。

そんなプチフランスに行ってみたら、思い描いていたものとは少し異なる状況にあることを目の当たりにしたのです。

スポンサーリンク


最寄り駅からのアクセス方法!

ソウルからカピョンへの行き方はこちらで詳しく紹介しております。

 

プチフランスの最寄り駅であるカピョン駅。

そこからのアクセスは、加平観光地循環バスがおすすめです。

このバスは一人6,000ウォン(約600円)で、なんと1日乗り放題。

「冬のソナタ」のロケ地「南怡島( ナミソム)」や、「美男ですね」や「メリーは外泊中」のロケ地「アチムゴヨ樹木園」、「アイリス」のロケ地「チャラ島」など、カピョンの有名観光地を周ることができます。

バスの時刻表はこちら。

 

韓国語を自動で翻訳したものなので、変な日本語になっていますが、だいたい何を言おうとしているかはわかるかと思います。

 

僕はペンションからプチフランスまでタクシーで行きましたが、帰りは加平観光地循環バスに乗りました。

最初のプランではプチフランスの次にアチムゴヨ樹木園へ行く予定でしたが、疲れたので行きませんでした。

たぶん、というか絶対、ペンションで泳ぎ過ぎたのが原因だと思います。

 

プチフランスは、韓国ドラマの「シークレットガーデン」や「星から来たあなた」のロケ地として有名で、僕も死ぬまでに一度訪れてみたい場所の一つに入れていました。

 

入場料あります。

大人一人10,000ウォン(約1,000円)。

結構しますね。

 

中に入るとすぐに、ドラマで見ていたカラフルな光景が!

 

景観を壊しかねない一番良いところに置かれた「星から来たあなた」の顔出しパネル。

せっかくなので一人で写真撮ってもらいました。

チョン・ソンイの方で。

 

めっちゃスタイルいい人いました。

 

よく見ると、顔の細部までしっかりと作り込まれています。

だいたい100頭身くらいでしょうかね、この人。

できれば2頭身ほど分けてもらいたいものです。

 

結構リアルだったでお見せできないのが残念ですが、顔とほぼ同じ長さでした。

 

プチフランスのコンセプトは「星の王子さま」。

 

だから、いろんなところに王子がいます。

そういえば、ここ以外の観光地(釜山のマチュピチュとかタミャンのメタプロバンスとか)にも王子はいましたね。

韓国では”カラフルな観光地=星の王子”みたいなところがあります。

 

「シークレットガーデン」の顔出しパネル。

面白いドラマでしたね。

イタリア製の高級ジャージが欲しかった若かりし頃を思い出します。

 

さっきのお兄さんの顔つけてみたら結構しっくりきました。

「あれ、このジャージあの人の?服着てなかったのはそういう理由?」と思ってしまうくらいにジャージを自分のものにしています。

 

たぶんSNSの拡散を狙ってだと思うんですけど、ここには顔出しパネルがたくさんあります。

最初は運営者側の思惑通りに顔だしてみたりしましたけど、途中からは面倒くさくなってほぼ素通りでした。

何事もやりすぎはよくありませんね。

 

エッフェル塔。

フランスでは人気のあるタワーですが、ここではぜんぜん人気なかったです。

 

カフェで休憩。

おしゃれにアイスカフェラテとか飲んでみたり。

 

カフェからの景色。

こういう風景って都会にはない田舎ならではの良さですよね。

住むのはきついけどたまに来ると癒やされます。

 

プチフランスの観光客は中国人が多めで、時々日本人と韓国人って感じでした。

 

この日の天気は晴れたり曇ったりの繰り返し。

晴れたときに歩き回り写真を撮って、曇っているときは基本ベンチでダラダラしていました。

 

ここのトイレは紙を流してはいけないタイプ。

韓国でも田舎ではこの手のトイレがまだ多いのかもしれません。

 

プチフランスの中に宿泊施設っぽいものがありました。

ディズニーでいうところのミラコスタてきなやつだと思います。

人の気配は全くありませんでしたが。

冬の夜はライトアップされるらしいので、そんな時期に泊まれたら最高ですね。

 

ビストロ。

 

美術館。

 

プチフランスは山の斜面を削って作られたような場所にあるので、坂道が多め。

 

だから敷地は狭いのに歩くのがしんどいです。

 

一番高いところからみた景色。

こうやって見るとヨーロッパにいるみたいですが、実際には中国人だらけで中国にいるみたいな気分になりました。

プチフランスあらためプチ中国です。

 

また王子。

この人どこにでもいます。

なんか見張られているみたいで怖い。

 

プチフランスはどこを見ても絵になるので、ドラマファンでなくても十分に楽しむことができると思いますが、

 

狭いだけあって、長居できるような場所ではありません。

滞在時間は頑張って2時間くらいでした。

ドラマファンなら粘って3時間くらいはいれるかもしれませんが、ドラマとか興味ない人は1時間くらいで十分だと思います。

 

ソウルから日帰りで行く場合は、プチフランスだけでは絶対に物足りなくなると思うので、ナミソムやアチムゴヨ樹木園にも行ってみるといいかもしれません。

お泊り旅行の場合は、プール付きのペンションおすすめです!!



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す