オットギのプデチゲラーメン(カップ麺)を食べてみた!作り方を紹介!

大人気の家ごはんシリーズ。

韓国で大人気のプデチゲ、そのカップ麺を食べてみました。

スポンサーリンク


今回食べたのがオットギのプデチゲラーメン(農心にもプデチゲラーメンがあるのですが、それは別の機会に)。

プデチゲとは”部隊鍋”という意味で、戦時中、在韓米軍から貰った食料をぶっこんで食べていた鍋なんだそうです。

ここのプデチゲが本当におすすめなんで、ホンデ周辺に行く機会があれば、是非お試しあれ。

 

中には粉末と液体の2種類のスープが入っていました。

具は麺の下に最初から入っているシステムを採用。

 

作り方はわかりやすく絵で描いてくれているので、僕でも簡単に作れました。

オットギのカップ麺はこういう親切なタイプが多いイメージです。

逆に農心は文字だけで説明していることが多いイメージ(違ったらすみません)。

あと、オットギはやたら電子レンジで調理したがる傾向にあるように思います。

 

では作り方から。

①まず粉末スープを入れます。

 

②次にお湯を入れて、

 

③電子レンジでチンします(1000Wで2分、700Wで2分半)。

この電子レンジが何ワットなのかわかりませんが、僕は麺硬めが好きなので2分にしておきました。

まあ時間が経つに連れて麺は勝手に伸びていきますから、逆に伸びてしまったものは戻せませんから、時間は短めにしておくのがベストでしょう。

ちなみに電子レンジがない場合は、お湯を入れて4分で完成するそうです。

 

2分後。

電子レンジの中はビッショビショになっていました。

相当グツグツ言っていた模様。

 

蓋を開けてみると、どういう仕掛けか、下に埋もれていた具が上に集まるという不思議な現象が。

 

具はソーセージと野菜が多め。

パッケージにはスパムのようなものも写っていましたが、残念ながらスパムは入っていませんでした。

僕の中では「プデチゲ=スパム」みたいなところがあるので、そこは減点の対象とさせてもらいます。

 

まだ完成していませんよ。

④最後に液体スープを入れて、

 

よく混ぜて完成!

スープの色を見てもらうと察していただけるかと思いますが、とにかく辛いです。

辛ラーメンよりも辛いので、辛いものが苦手な人には絶対におすすめしません。

でもスープは飲まずに麺だけ食べるのであれば、もしかしたらいけるかもしれないですけど。

 

麺はすごくモチモチしていました。

韓国の他のラーメンでは食べたことのない麺で、とても美味しかったです。

 

あっという間にスープだけの状態に。

スープをたくさん飲むことは身体によろしくないので、この辺で捨てようと思ったのですが、水を飲むとまた飲みたくなってしまいまして、で、それを何度も繰り返しているうちに、

 

めっちゃ飲んでしまいました。

辛いのに病み付きになる味でしたね。

 

最後に水を飲んで、ごちそうさま。

 

 

とはならず。

 

 

最後の最後まで飲みたい衝動に負け続けた結果がこれ。

やっぱり終盤に水をガブガブと飲むのはダメですね。

これを食べるときには必ず、スープを捨て後に水を飲むのがいいでしょう。

まあ「一番塩分が多く身体に悪いのは最後に残ったスープ」という話をどこかで聞いたことがあるんでね。

僕もバカではないんで、さすがにスープはちょい残ししときましたけど。

おかげで身体に悪影響を与えずに済んだ、という都合の良い解釈をしております。

 

スパムが入っていないこと、それから結構辛かったことはマイナスですが、それ以外(麺とか味とか)は10点満点あげてもいいんじゃないかってくらい、個人的には満足でした。

アレンジでスパムをトッピングしたら、このプデチゲラーメンは最強になれると僕は思います。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す