キョチョンチキンのおすすめメニュー「ライスチキン」が美味しすぎる件

チキン大国の韓国で1,2を争うほど人気のある「KyoChon Chicken(キョチョンチキン)」。

おそらく僕は、ここのチキンを一番多く食べていると思います。

スポンサーリンク


食べる回数は多いのですが、お店に直接足を運んだことはなく、いつも出前を頼んでいます。

 

よく食べているのがライスチキンセット(19,000ウォン)。

ネットでザーッと見た限り、ハニーコンボが一番人気のようですが、個人的にはライスチキンの方が好きです。

 

ディップソースと大根と小さいペプシ1本付いてきます。

 

箱の中にはチキンとポテトがぎっしり。

ここのポテトがちょうど良い揚げ加減&塩加減で美味しいんですよ!

 

奥にあるハニーガーリックソースにポテトをつけて食べたら最高です。

 

韓国のフライドチキンは鶏一羽というのが普通なんです。

これも鶏一羽分入っていると思うんですが、キョチョンチキンは小さく切ってくれているので、すごく食べやすいです。

※キョチョンチキンはメニューによって鶏一羽だったり、足だけだったり、手羽だけだったり選べるようです。

 

こんな小さいんですよ。

一つ一つは小さいけどまあまあボリュームあります。

男女2人で食べて腹8分目になるくらい。

つまり、いつもちょっと足りません。

男2人なら全然足りない量であり、女2人なら丁度いいか少し多いくらいの量だと思います。

 

韓国来てからチキンを食べるときには必ず手袋をして食べるようになりました。

日本では素手で食べてて、手についた油を舐める行為もチキンを食べる楽しみの1つだと思っていましたが、冷静に考えたら汚えっすよね。

みんなが舐めたスプーンで鍋をつつきあう韓国の習慣も冷静に考えたら、、いや、冷静に考えなくても汚いんですけど、そっちは逆に慣れてきました。

想像しただけで気持ち悪いでしょうけど、場数を踏めば慣れてくるもんなんです。

ちょい潔癖症の僕が言うんですから間違いないです。

慣れすぎて今では男4人の鍋でも余裕でつつけますからね。

 

最近ではポテトチップスを箸で食べる人も増えてきているみたいですし、手袋でチキンを食べる文化が日本に渡ってきたら、指を舐める古き良き習慣は消滅していまうかもしれないと危惧しております。

 

僕はこのライスチキンが好き過ぎて、チェジュ島でも食べました。

チェジュ島にまで行ってキョチョンチキンを食べることが、どれだけ勿体無いことかわかりますよね。

ソウルでも全く同じものが食べれるわけですからね。

二泊三日で回数が限られている食事の貴重な1回をキョチョンチキンに捧げたんです。

しかもディナーにですよ。

それでも食べたくなるくらいに美味しいってことなんです。

騙されたと思って一度食べてみてください。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す