古民家を改装したカフェ@ハプチョンがオシャレと聞いたので行ってきました!

ハプチョンにある、築70年の古民家を改築して作ったカフェに行ってきました。

スポンサーリンク


ぱっと見、古民家の面影など一切なく、ただのオシャレカフェにしか見えませんが、こちらがそのカフェ「밤부 베이커리브류잉(BAMVOO Bakery Brewing)」。

 

住所 서울 마포구 월드컵로5길 33-23
電話番号 02-3144-0446
営業時間 11時半〜23時(日曜のみ22時まで)

ハプチョン駅8番出口から徒歩数分の場所にあります。

 

古民家の構造はそのまま、壁だけぶち抜いているので開放感があり広く感じました。

元々あった部屋ごとにそれぞれ異なるコンセプトを用いているようです。

 



だからどこに行っても雰囲気が異なりました。

 

大きな窓がいいですね。

 

席が空いたので座る前に撮影していたら、他の客に座られてしまいました。

ソファー席は人気です。

空いたらすぐに荷物を置くなりして席を確保しましょう。

韓国のカフェは日本のように生ぬるくはありません。

カメラを構えたくらいでは自分の席にはならないのです。

 

2階もあります。

 

たった二席しかない小洒落た部屋は満席。

運が良ければ座れます。

 

ウォシュレットの付いたトイレ。

一見綺麗そうですが、床がビショビショで気持ち悪かったです。

あと韓国人男子よ、トイレ長すぎ。

トイレの流した音がしてから出てくるまでの3分間、一体何していたんですか?

鏡見て髪でもセットしていたんですか?

4回くらいドアを叩いたけど、全く出てきてくれなかったんですけど。

ハート強すぎ。

かくいう僕は、このカフェで3回トイレに行くというレコードを残しましたけども。

日本人男子よ、トイレ行き過ぎって思われていたかもしれません。

 

コーヒーはこちらのおしゃれな部屋で、

 

イケメンお兄様方が淹れてくれます。

 

カフェラテとベトナムのコーヒーみたいなやつを注文しました。

料金は高くもなかったけど、安くもなかったと記憶しております。

イケメンでカフェアートできるとか、あの人達どんだけモテたいのでしょうか。

 

ベーカリーを名乗っているこの店は、サクサクのクロワッサンが美味しくて有名なんだそうです。

コムタン食べてきた後だったので食べませんでしたけど。

っていう言い訳3割、高いから食べなかったという理由が7割。

 

席に座ってから気付いたんですけど、目の前に枯れてる花が飾られていました。

ここ以外にも枯れた花は飾られていて、ちょっと残念でした。

 

サボテンは枯れてなかったですけどね。

生命力の高さだけは他を寄せ付けないサボテン。

花が揃って枯れるこの環境で、いかがわしいフォルムで天に向かって突き立つ姿は流石の一言です。

 

こちらも真ん中のサボテンみたいなやつ以外は枯れていました。

窓際が寒すぎるのか、水を与えていないせいなのか、それとも単なる寿命なのか。

いずれにせよ、そのまま置いておくのはどうかと思いました。

 

この日はめっちゃ雪が降っていた日。

ソウルの冬はかなり寒いんですけど、雪が降ることは結構珍しいんですよ。

その代わりなのか、それが原因なのか、ミセモンジ(黄砂やPM2.5)は空気中に大量に浮遊しています。

日本の冬は空気が綺麗で空が透き通って見えますが、韓国はくすみがちなんですね。

 

今日も最悪レベルにミセモンジがソウルの空気を汚染しています……。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す