DDP(東大門デザインプラザ)!バラ庭園の行き方と営業時間!

近代的なデザインで、東大門に行ったら嫌でも視界に入り込んでくるDDP(東大門デザインプラザ)。

設計は日本でもお馴染み、ザハ・ハディド氏。

新国立競技場騒動で度々ニュースに出てきていた、あの設計者ですね。

奇抜すぎるデザインに「さすがハディド氏だな」と感心する一方、「構造が複雑過ぎるんですけど」って文句を言いたくなるのもまた事実であります。

初めて行く人は確実に迷子になるでしょう。

スポンサーリンク


住所 ソウル特別市 中区 乙支路7街 2-1
電話番号  02-2153-0000
営業時間  10時〜22時(施設によって異なる)

 

そんなDDPですが、駅と直結しているので誰でも簡単に行くことができます。

「東大門歴史文化公園駅」1番出口を出ると、

 

そこはもうDDPの地下2階。

便利ですね。

 

DDPは大きく4つに分けることができます。

  • アートホール(A棟)
  • ミュージアム(M棟)
  • デザインラボ(D棟)
  • デザインマーケット

ちなみにA,M,D棟はそれぞれ、言葉での説明は不可能なほど複雑に絡み合っているんです(実質的には1つの建物)。

 

 

デザインマーケット

駅を出てすぐ左手に入口のあるこちらがデザインマーケット。

 

中に入るといきなりBTS。

ここで多くの人は心を掴まれることになります。

 

デザインマーケット内には雑貨店やコンビニがあったり、

 

レストランやカフェなどが入っています。

 

BIGBANGのスンリのラーメン屋もありましたよ。

 

鼻ほじっている天使に遭遇。

絶妙な具合で羽を背負いながら座ってるアジョシがいるなと思いカメラを構えたところ、タイミングよく指を鼻の穴の中へinしてくれました。

こんなミラクルは二度と起こらないと思います。

 

インスタ映えしかしないカフェ。

 

卓球台もカラフルでした。

 

アートホール(A棟)

ファッションショーなどが開催されるA棟。

これは1年ちょい前のものになりますが、オシャレなカフェがありました。

 

未来感がすごかったですね。

 

ミュージアム(M棟)

地下2階にあるこちらではアート展などが期間限定で開催されています。

このときはキースヘリングの展覧会が行われていました。

 

M棟の向かいにあるチケットボックス。

ここで開催されているアート展のチケットが買えるようです。

 

M棟内はちょっとした迷路。

出口が見つからずに長い道のりを引き返したりと普通に迷いました。

 

屋上にはD棟と繋がる「みどりの丘」があります。

ドラゴンボールのフリーザの宇宙船的なデザインですよね。

DDPの美しい曲線を描いた外観は魔人ブウの家っぽい感じですし、ハディド氏はドラゴンボール好きなんじゃないかって思いました。

 

デザインラボ(D棟)

駅の1番出口を出て右手に見えるのがD棟。

ここから見てすぐ左側にあるのが、

 

前回紹介したカカオフレンズショップ。

 

D棟には1階と2階にお店がたくさん入っています。

 

雑貨店が多め。

 

これ流行ってるんですかね。

チーズヲタクの店先にも置いてありましたけど。

 

ここにSMTOWN GIFTSHOPがあります。

 

本が飛んでいます。

アートですね。

 

 

1階にある庭的な場所。

 

こちらでは寒くない時期に「ソウルパムトッケビナイトマーケット」というイベントが毎週金・土の18時〜23時の間に催されているようです。

漢江公園でもやっていたやつですね。

 

庭の中にはDDPで大人気、バラ庭園があります。

 

ご存知だと思いますが、このバラはただのバラではなくLEDのバラで、夜景が綺麗なんですよ。

 

こうやって見ると綺麗ですけど、写っていないところにカメラを構えた人間がたくさんいました。

 

 

まとめ

意外と見どころが多くて、半日くらいは楽しめそうなことが伝わったのではないでしょうか。

1,2回訪れた程度では全貌を把握することなんて到底できないなと痛感したので、また東大門に行ったときには立ち寄ってみたいと思います。

迷子になることすらも醍醐味だと思って散策してみると、よりDDPを楽しめるはずです。

迷っていたら僕のように思いがけないアートに遭遇できるかもしれませんよ。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す