明洞のチルチルチキンでロゼチーズチキンを食べる(*´∀`*)

明洞にあるチルチルチキンでチキンを食べてきました。

スポンサーリンク


チルチルチキンは明洞に2店舗あり、チキン通りにある方の店にいってきました。

 

emartの隣にあるこちらが、チルチルチキン(치르치르)明洞本店です。

 

住所 ソウル特別市 中区 明洞7キル 21
電話番号 02-773-0101
営業時間 12時〜2時

 

お店は3階までありますが、僕が行ったときはまだ1階しか使われていませんでした。

 

端っこにあるソファー席に案内してくれました。

居心地良かったです。

 

Cassの生ビール(639cc)は5,600ウォン(約560円)と少し高め。

てか、この639という歯切れの悪い数字は何なんでしょうか。

生小も339ccと中途半端な数字になっていたのですが、なぜかピッチャーは1700ccとか2700ccと切りのいい数字になっていたり。

どうせ泡の部分で誤差が生じるんだから、640とか340にしてもいいと思うんですけどね。

そこはオーナーの強いこだわりなのかもしれません。

 

おかずはコーンと、韓国の軍隊で食べられているものを甘くしたやつ。

どちらも美味しかったです。

 

注文したのは「ロゼ・チーズ・チクイーン」というメニュー。

タイピングミスではありませんよ。

チキンではなくチクイーンが正式名称なのです。

 

ほら。

「チキンの女神がやってきた!」と書いてあるので、おそらくチキンとクイーンをミックスさせた造語でしょう。

世界観が独特すぎます。

 

これ、どうでもいい話に思えて、結構そんなことないんです。

よく考えてみてください。

注文するときに「チクイーン」って言いたいですか?

僕はこっ恥ずかしくて言えません。

別にチクイーンに変な意味があるわけではないのですが、どこか発音が卑猥に思えてしまって。

こう見えて僕って結構シャイなところあるじゃないですか。

ブログとかでは恥ずかしいこととか平気で言えますが、赤の他人に面と向かって下ネタとか言えるほどハートは強くありませんので(※下ネタではない)。

 

とまあ、書くことがないので、イチャモンつけてみましたが、見てください、この美味しそうなチキンを!

味も見た目に負けないくらい美味しかったです。

ロゼソースはクリームとトマトを混ぜたっぽいソースで、チキンとの相性抜群でした。

ソースを絡ませたブロッコリーも最高だったのですが、数が少なかったのがちょっと残念。

 

ロゼソース、びよーんって伸びそうな雰囲気を醸し出していますが、実際は全く伸びません。

でも口の中で伸びるように広がる美味しさ。

う、うまくない‥どころか我ながら下手な喩えだなと感心してしまうほど。

 

ソースもチキンもポテトもたっぷり入っていたので結構なボリュームです。

もしかしたら食べ切れないかもしれない、、と心配しましたが、

 

 

それはただの心配で終わりました。

食べ切れない場合はボックスにいれてお持ち帰りできるようなので少食の人でも安心して食べにいけるかと思います。

ロゼソースやチーズを一緒に箱に入れても大丈夫なのかはわかりませんが。



ランキングの応援お願いします(ΦωΦ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク




インスタ始めました!
フォローお願いします٩(′д‵)۶

コメントを残す