旧正月から縁起が悪すぎる…景福宮が無料だから行ってきたけど…

韓国の名節(旧正月や秋夕)には景福宮(キョンボックン)などの古宮が無料で入れることをご存知でしょうか?

僕は数ヶ月前から無料で入場できる日に景福宮へ行こうと決めていました。

そして旧正月の当日に行ってきたのですが、新年早々から不運の連発だったのです……。

「旧正月から縁起が悪すぎる…景福宮が無料だから行ってきたけど…」の続きを読む…

DDP(東大門デザインプラザ)!バラ庭園の行き方と営業時間!

近代的なデザインで、東大門に行ったら嫌でも視界に入り込んでくるDDP(東大門デザインプラザ)。

設計は日本でもお馴染み、ザハ・ハディド氏。

新国立競技場騒動で度々ニュースに出てきていた、あの設計者ですね。

奇抜すぎるデザインに「さすがハディド氏だな」と感心する一方、「構造が複雑過ぎるんですけど」って文句を言いたくなるのもまた事実であります。

初めて行く人は確実に迷子になるでしょう。

「DDP(東大門デザインプラザ)!バラ庭園の行き方と営業時間!」の続きを読む…

ソウルパムトッケビナイトマーケット@汝矣島

汝矣島漢江(ヨイドハンガン)公園への愛を過去に語ったことがあります。

愛といっても、アジュンマのチラシ配りとか、ラーメンの食べ方とか、そんなしょうもない話ばかりしていただけなんですけども。

さて、今回はその汝矣島漢江公園で毎週金曜・土曜に開催されている「パムトッケビナイトマーケット@汝矣島ワールドナイトマーケット」について紹介したいと思います。

「ソウルパムトッケビナイトマーケット@汝矣島」の続きを読む…

汝矣島漢江(ヨイドハンガン)公園でもチキンの出前ができる!

ソウルを二分するように流れる漢江は全長494kmもある韓国で2番目に長い川。

その川沿いでピクニックをすることが韓国の若者と僕の間で流行っています。

漢江沿いにはいくつか公園があるのですが、僕がよく行くのは「汝矣島漢江公園(ヨイドハンガンコンウォン)」。

春には桜も楽しめるこちらの公園を今回は紹介していきたいと思います。

「汝矣島漢江(ヨイドハンガン)公園でもチキンの出前ができる!」の続きを読む…

北村韓屋村を散策!最寄り駅からの行き方をマップで紹介!

ソウルの観光名所である北村韓屋村。

読み方は「キタムラカンオクムラ」と日本語読みする人はいないようで、韓国語の「ブッチョンハノクマウル」と読むのが主流みたいです。

どっちにしろ難し過ぎて覚えるのも大変な読み方ですね。

さて、北村韓屋村はその名の通り、韓国の伝統家屋である韓屋が多く残る歴史的なエリアです。

日本で言うところの京都の古い町並みが残っているような場所でしょうか。

そんなインスタ映え間違いない北村韓屋村に、男一人で行ってきました。

「北村韓屋村を散策!最寄り駅からの行き方をマップで紹介!」の続きを読む…

仁寺洞のおすすめカフェで伝統茶を嗜む!ハングルのスタバ?

観光客に人気の街「仁寺洞」。

実は8年前に観光できたことがあったのですが、その時はそこがどこなのか全くわかっておらず、今回スタバを見てようやくそこが仁寺洞であったことが判明したのでした。

韓国の伝統的な建物「韓屋」が残る仁寺洞で、伝統茶なるものを飲みに行ってきたときの話です。

「仁寺洞のおすすめカフェで伝統茶を嗜む!ハングルのスタバ?」の続きを読む…

鷺梁津(ノリャンジン)水産市場!就職浪人の街の屋台通り!

公務員試験受けるための就職浪人生が集まる街として有名な鷺梁津(ノリャンジン)。

ここには就職予備校が50校あると言われ、そこに通う浪人生が住むコシウォンもたくさんあるようです。

勉強と聞いただけでアレルギー反応を示す僕にとっては絶対に住みたくない街No.1でありますが、ここにやってきた理由は有名な「水産市場」に訪れるため。

といっても、あまりお金はないので、とりあえず屋台で軽くお腹を満たしてから向かうことにしました。

「鷺梁津(ノリャンジン)水産市場!就職浪人の街の屋台通り!」の続きを読む…